FC2ブログ

Welcome to my blog

骨折脱臼

骨折脱臼

いやあ、飲んだ飲んだ(笑)
( ̄ー ̄;) たはは


夕べは、成田の連れの家に専門学校時代の同級生が集まり、飲めや歌えやの大騒ぎ(笑)

朝の5時まで飲んでたよ。
( ̄ー ̄;) たはは


昼近くまで誰も起きてこない(笑)

ようやく起きたら、頭がガンガン割れるように痛いし、お腹もかなり気持ち悪い…
(;´・ω・) とほほ


「昼飯どうする?」

「気持ち悪いからええわ…」

てなわけで、そのまま連れの家を後に。

高速バスに乗り、東京駅に着いたのが2時ちょっと前。
さすがに多少小腹も空いてきたが、かと言ってガッツリ食えるほど調子は戻ってない。

うーん…
せっかく東京まで来てんだしなあ…
何も食わずに帰るわけにはいかないし…
( ̄へ ̄;) うーん


あ、そうだ!
閃いたぞ♪
前から1度行ってみたいと思ってた「筑紫樓」に行ってみよう。
( ̄ー ̄) ニヤリ


かなり前になるが、しゃべくり007で、徳井が紹介してた「頂上麺」

フカヒレのラーメンなんだけど、テレビで見たら実に美味そうだったのよね。

ラーメンぐらいなら、スっと食えるでしょ。
( ̄ー ̄) ニヤリ


思い立ったらすぐ行動。
ウロウロと駅構内を探し回る。

いやあ…
見つかんねえ(笑)
( ̄ー ̄;) たはは


東京駅広すぎ。
田舎者には大変だわ…

ウロウロと探し回ること20分ほど。
ようやくキッチンストリートってとこにある「筑紫樓」さんを探し当てた(笑)
( ̄ー ̄;) たはは


時間的にそんなに混んでもなく、空いてるカウンター席に通された。

なにを頼むかは決まってるんで…

「頂上麺てのを1つください」
( ̄ー ̄) ニヤリ


周りを見回すと、ほとんどの人がそれ食ってるようだ。

さて、注文も済ませたし、じっくりメニューでも拝見するか…

ほぉほぉ…
ふむふむ…

ん?
なんだ?
そうゆうことか…
( ̄へ ̄;) あちゃー


どうやら、頂上麺てのはフカヒレはフカヒレでも、姿煮がドカっと乗ってるわけじゃないようだ…

姿煮が乗ってるのは倍の料金…

普通の頂上麺は、フカヒレをほぐした繊維が入ってんのね…

ガッツリフカヒレが食えると思ってたが、俺の勘違いだったみたい…
( ̄ー ̄;) たはは


まあいいか。
ちょこっとでもフカヒレを味わえると思えば。
( ̄ー ̄) ニヤリ


なんて色々考えてたら

「お待たせしました」

と、土鍋でグツグツ音を立てながら、頂上麺のご到着。


おっほっほ〜♪
ウマそうじゃないの〜

一応、移して食べる用の小さい器もあるんだけど、どうせなら土鍋のままフーフーしながら食べたい。

麺を上に持ち上げてみると…

おぉー
トロトロのスープが見事に麺に絡みつく。
こいつは、気をつけて食わねえと大変だぞ(笑)
( ̄ー ̄;) たはは


フーフー

フーフー

ズルっ

ズルズルズルっと…

こ、これは…

ウマ━━(゚∀゚)━━━┓
 ┏━━(゚∀゚)━━━┛
 ┗━━(゚∀゚)━━━い!


ウマいよー
このスープ、ウマいよー
( ̄ー ̄) ニヤリ


麺もグツグツなってる割に、全然ノビておらず、細さもちょうどいい。
スープの絡みつき具合も抜群。

こりゃあウメえや。
これなら姿煮が入ってなくても充分満足できる。

時々、細いフカヒレが口に入ってくると、当たりを引いたようで嬉しい(笑)


お腹にも優しいなあ。
二日酔いの日でもすんなり食べれるんだから、調子がいい時食べれば、もっとウマいだろうな。

この余ったタレをご飯にかけてもウマいだろう。
( ̄ー ̄) ニヤリ


ズルズルと食べ進めるが、土鍋に入ってるので、ちっとも冷めない。
最後まで熱々で完食。

フカヒレ1本も残したくないんで、スープもきっちり最後まで飲みきってやったよ(笑)
( ̄ー ̄) ニヤリ


ご馳走さまでした。
ウマかったです〜♪

期待していた通り…
いや、それ以上かも。
( ̄ー ̄) ニヤリ

金に余裕があれば、今度は姿煮の方を食べてみたいなあー

なんて考えてたら、後から入ってきた金持ちっぽい3人組の家族。

「このフカヒレの姿煮ラーメンを3つちょーだい。後、生ビールも」

だって(笑)

おいおい…
それだけでザっと1万円だよ…

なんの躊躇もなく頼むとは…

世の中には金を持ってる人がいるんだね(笑)
俺みたいな貧乏人は、この細いフカヒレで我慢するしかないか(笑)
( ̄ー ̄;) たはは


競馬で儲けたら姿煮食うぞ!
( ̄ー ̄) ニヤリ
スポンサーサイト



最終更新日2016-09-11
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply