FC2ブログ

Welcome to my blog

骨折脱臼

骨折脱臼

今日は特に用事もなく、のんびりした休日。

天気もいいし、どっか出かけてもいいかなあ…
なんて漠然と考えていたら、なんだか腹が減ってきた(笑)
( ̄ー ̄;)たはは

よし。
もうお昼も近いし…
なんか食いに行こう!(←食いに行くことには俊敏)
( ̄ー ̄) ニヤリ


カミさんに
「何か食いたいもんある?」と聞くと

「どっか行ったことないとこ行ってみたい」
なんて言うじゃなあ〜〜い。
( ̄ー ̄) ニヤリ

よっしゃ。
ならば…

この前食べログ見てて、気になる店を見つけたんよ。

羽鳥の方に新しくできたお店で「C's Dining EN(シーズダイニング エン)」てとこ。

なんでも、横浜中華街の名店「萬珍樓」で修行した店主が作る新中華ダイニングのお店なんだって。

そりゃあ気になるでしょ?

あの萬珍樓だよ。
中華街の名店だよ。

まあ、知らんけど(笑)
( ̄ー ̄;)たはは


取りあえず行き先は決まったんで、お昼ちょい過ぎに家を出発。

いや〜、どんな店かなあ〜
ワクワクしちゃうなあ〜♪
( ̄ー ̄) ニヤリ


なんて考えながら、1時ちょっと前にお店到着。

ん?
あれあれ?
日曜日の昼時だってのに、車が一台も止まってねえぞ?
( ゚д゚)? おやおや…


何となく不安を感じつつ中へ入る。

案の定、店内に他のお客さんの姿は見えず…

まだ新しい店だから、あまり知られてないのかな?

綺麗で落ち着いた感じの店内だけど…
( ̄ー ̄;) ヒヤリ


ま、まあ食ってみなきゃわからんしね。
座敷席があったんで、そちらへ着席。
まずはメニューを拝見。

ほぉほぉ…
ふむふむ…

メニューを見た感じでは、そんなに目新しい感じはしないが…

お?
焼き小籠包がある。
こいつは食ってみてえな♪

取りあえず「焼き小籠包」は注文決定。
後は…
何となく炒飯がウマそうな感じがしたんで「えび炒飯」をチョイス。

娘が小籠包食べたいっていうんで、普通の小籠包も一つ注文。
カミさんは「麺セット」ってのにするって。
ラーメンと半炒飯のセットで650円はお得だろ。
醤油か塩が選べるんで塩を。

注文を済ませ、他のメニューを眺めながら待つこと5分ほどで、俺の注文した「えび炒飯」が到着。


ふむ。
見た感じは…
特に普通だが…
( ̄ー ̄;)…


いただきます。

バクリっ…

モグモグ…

ガツガツ…

ん?

こ、これは…

フツ━━━( ̄ー ̄;)━━━っ


全くもって普通だ。
それ以外表現のしようがない。
特別ウマいってこともなく…
決してマズいわけでもなく…
( ̄へ ̄ ) うーむ…


これがあの名店の「萬珍樓」の味なんだろうか?
いや、よく知らんけども(笑)
( ̄ー ̄;)たはは


取りあえず、量もそんなに多くもないんで、サクサク食べ進め、綺麗に完食。

しかし…
他のがなかなか来ないなあ…
俺、もう炒飯食い終わってんだけど。
( ̄ー ̄;)たはは


あ、やっと来た。
炒飯から遅れること7、8分で、カミさんの麺セットが到着。

カミさんが食べ始めるも…

やや微妙な表情。
( ̄ー ̄;) ヒヤリ


「ちょっとラーメン一口ちょうだい」と、塩らーめんをもらってみる。

あ…
この麺…

なんかSAとかで出てくるような麺…
あんまり得意じゃないタイプ。
( ̄へ ̄ ) うーむ…

スープも特別ビックリするような感じもない…

しつこいようだが…

これがあの萬珍樓の味なのか‼︎
( ̄ー ̄;)たはは


かなり楽しみにしてたんだがなあ…
( ̄へ ̄ ) うーむ…


その後、ようやく焼き小籠包と普通の小籠包も到着。

さて、こいつは…

パクリっ…

ほ、ほ、ほ…

ホフホフ…

あ、熱い(笑)
( ̄ー ̄;)たはは


うん。
これも…
( ̄へ ̄ ) うーむ…


ご馳走さまでした。

うーん…
萬珍樓で修行した新中華ダイニングって触れ込みは良かったんだけど…

正直、期待した感じには及ばなかったかなあ…
( ̄へ ̄ ) うーむ…

いやね。
どれも別にマズくはないんだよ。
普通に食えるんだけどさ。

ちょっと期待が大き過ぎたかな?
( ̄ー ̄;)たはは

唯一の救いは、娘がウマいウマいって小籠包をペロリと平らげたこと。
これはずいぶん気にいったようだ(笑)

だが娘よ…
申し訳ないが、お父さんもお母さんも、またここへ来る気力はないようだ。

大きくなって、自分で稼げるようになったら、来てちょうだいね(笑)
( ̄ー ̄;)たはは
スポンサーサイト



最終更新日2017-11-16
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply