FC2ブログ

Welcome to my blog

骨折脱臼

骨折脱臼

今日は天気もいいんで、娘を「まかいの牧場」へ連れて行ってやることに。

いやね。
実は富士に行ってみたい店があってね。
まかいの牧場は、そこへ行くためのエサってわけだ(笑)
( ̄ー ̄;)たはは

ちなみにその店ってのが、富士にある「富士タンメン」てお店。
タンメンの専門店なんだけど、味も色々あるし、食べログの評価も高くてね。
結構前から目をつけていたのだよ。
( ̄ー ̄) ニヤリ


11時半ぐらいに家を出発。
チンタラとノンビリ行ったんで、お店に到着したのは1時少し前。

店の前まで行くと…

( ゚д゚) うはぁ〜


外まで6、7人並んでいるではないか…
( ̄へ ̄ ) 参ったね…


しかし、こんなとこまでわざわざ来て、諦めるわけにもいかないからね(笑)
大人しく名前を書いて待つことに。

15分弱待ったかな?
ようやく中へ呼ばれ、カウンター席へ。

待ってる間に食券は購入しておいた。

俺は初めてだから、スタンダードな「鶏白湯タンメン」てやつにしようと思ってたんだけど、カミさんがそれを選択。

夫婦で同じもん頼んでもしょんないからね。

「えーっと… お前がそれにするんなら、俺は味噌か、辛味噌にでもしようかな…」

ん?
なんだと?
( ゚д゚)?

「富士タンメン特製まぜそば」
なんてやつがあるじゃないの♪
( ̄ー ̄) ニヤリ


一応俺も「静岡のまぜそば刑事」と呼ばれてる男(←呼ばれてない)

「まぜそば」の文字を見てしまったら、頼まないわけにはいかないじゃなあ〜い♪
( ̄ー ̄) ニヤリ


お釣りで、味付け玉子と追いメシもプラス。
贅沢な昼メシになってしまったよ(笑)
( ̄ー ̄) ニヤリ


食券を店員さんに渡し、待つこと5、6分。
注文の品の到着。

うはぁ〜
なかなかのボリューム。
上に乗った特製味噌と、マヨネーズ、おろしニンニクが味の決め手だね(笑)
( ̄ー ̄) ニヤリ


では、まずはまぜそばの流儀に従い、よく混ぜ混ぜしましょう。

混ぜ混ぜ…
混ぜ混ぜ…

よし、こんなもんかな。

よーく混ざったところで…
いただきまーす♪

ズルっ…

ズルズルっと…

モグモグモグ…

うん。

ウマ━━━(゚∀゚)━━━い♪


いいよ〜
これ、いいよ〜♪
( ̄ー ̄) ニヤリ


味の感じは「男けんちゃん」のまぜそばに近い。
だが、けんちゃんには申し訳ないが…

こっちの方が、ツーランクぐらい上かな?
( ̄ー ̄;)たはは

俺の好きな、台湾まぜそばとは、また違った方向性だけど、これはこれでアリな感じ。

ズバズバ食べ進め、途中で卓上にあるラー油を投入。
これを入れると、ピリっとした辛さも加わり、なお美味い。
( ̄ー ̄) ニヤリ


途中で、カミさんの鶏白湯タンメンと交換。

ん?
こっちは細麺なのね?

いいよ〜
細麺いいよ〜♪

スープも美味いし、麺の感じも好きなタイプ。
普通にこっちでも良いね。
( ̄ー ̄) ニヤリ


再度、まぜそばを返してもらい、残りをかきこむ。
さて、タレが残ったから、ここへ追いメシを入れるか…

と、思ったんだが、このタレとごはんは合わない気がするなあ…
( ̄へ ̄ ) うーむ…

なんて考えながら、ふと壁を見ると
「タンメンの残ったスープに追いメシ入れると最高です」
なんて、紙に書いて貼ってあるではないか(笑)

なるほど。
この追いメシってのは、まぜそば用じゃなくてタンメン用なのね(笑)
( ̄ー ̄;)たはは


じゃあ…
カミさんの残ったスープに追いメシをぶち込む。
これで雑炊の出来上がり。

こりゃあもう間違いない。
だってスープが美味しいんだもの♪
( ̄ー ̄) ニヤリ


サラサラっと片づけ、お腹一杯でフィニッシュ。
あー、苦しい(笑)
( ̄ー ̄;) ヒヤリ


ご馳走さまでした。
ウマかったっす。
ベリー気に入ったっす(笑)

他の味のタンメンも食べてみたいし、一度は野菜の富士山盛りってやつにも挑戦してみたい。

近所にありゃあ間違いなく通うのになあ…

富士タンメンの社長さん。
ぜひ静岡にも進出して「静岡タンメン」てお店出してくださいよ(笑)

月に1回ぐらいは通いますんで♪
( ̄ー ̄) ニヤリ
スポンサーサイト



最終更新日2017-11-16
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply